About Kato Denki HOME > 加藤電機について > ごあいさつ
GREETING
代表取締役社長 加藤 學

弊社の事業にご理解とご協力をいただき、様々な形で支えていただいている多くのお客様、お取引先様、 社員とそのご家族、また地域の皆さまに改めて心から感謝申し上げる次第です。 誠にありがとうございます。

加藤電機では1995年の阪神淡路大震災を契機として、いかにして人を守るか、 そして確実に発見できるかを究極の課題として、20年間にわたり研究開発を続けて参りました。 その結果、創業50周年を迎えた2015年2月、ICT/IoT技術を用いて、最終誤差50cmで人や物を発見できる 「SANフラワー見守りサービス」が誕生しました。


また、この技術は、単に捜索、発見ができるサービスに留まらず、これまで培ってきたカーセキュリティシステムとの 連動はもとより、従来にない新しい地域貢献型の広告ビジネスモデルとして、 あるいはGEOフェンス機能(エリア到着見守りメール)が非常に低コストで実現できるようになります。 加えて、この見守りサービスは地域共創の概念の元に、地域と一体となった見守りネットワークを簡単に低コストで構築できることから、 これまでとは異なる新たな需要と安心を生み出せるようになります。

このように、私たちが持てる企業価値や技術的資産を最大限に活かし、弊社ができること、 弊社に求められていることを再認識し、社会とともに持続可能な発展ができる企業市民としてCSRのあるべき姿も同時に追求していきます。 それらは、まさに弊社の企業理念である「安心と安全を次の世代に」の実践でもあり、 事業活動はもとより、CSR活動や地域・社会貢献活動の活性化、充実を図って参ります。 今後とも、弊社およびセキュリティラウンジ共々、相変わらぬご指導・ご鞭撻をお願い申し上げます。

 

 平成29年1月
 加藤電機株式会社
 代表取締役社長
 加藤 学





株式会社テラ