盗難発生警報装置の保安基準が変わります。カーセキュリティ

「盗難発生警報装置」とは、国土交通省による保安基準、法的技術基準を満たしているカーセキュリティシステムのことです。自動車への侵入または干渉があった場合に音、灯光等により車外へ異常を知らせ、警報を発してクルマの盗難を防止する装置です。車両に装着する場合は、盗難発生警報装置の保安基準に適合する必要があります。新保安基準

保安基準とは?

    国土交通省より盗難発生警報装置の適切な普及を図るため、2003年7月7日に道路運送車両の保安基準を改訂し、2006年から運用が開始されました。

    保安基準改正の流れ

      この運用に伴いカーセキュリティは盗難発生警報装置と称され、具体的な技術基準が設けられました。日本の自動車産業を取り巻く環境は国連でのWP29の採択が進み、新保安基準の世界標準化が促進され始めたことで大きく変化しています。国土交通省では、こうした状況に鑑み盗難防止装置の保安基準化を含めた保安基準等の一部改正を行うため、2003年6月に「乗用車等における運転者の視界の基準の導入」を行いました。さらに、2005年8月に「盗難防止装置の構造基準の策定及びタイヤの基準調和」についてパブリックコメントの募集をし、今般これらの結果を踏まえ保安基準等を改正がされ、細目を定める告示が発表されました。

    保安基準に新たに加わった技術基準とは?

      2022年10月7日に、保安基準に新たな技術基準である協定規則第162号(UN-R162)および第163号(UN-R163)の適用が決定されました。運用は、新型車は2024年1月1日から、継続生産車は2026年5月1日から開始されます。
      盗難防止 車盗難 防犯 カーセキュリティ


    技術基準である協定規則第163号(UN-R163)の主な内容は?

      機能基準:

      検知範囲:ドア、エンジンボンネットトランク(荷物室)
      【重要】協定規則第163号(UN-R163)により、検知範囲にエンジンボンネットトランク(荷物室)が追加されました。

      環境試験:

      動作周囲温度(車外):-40℃~+125℃
      動作周囲温度(車内):-40℃~+85℃
      防塵防水機能:IP40以上

      耐久試験:

      連続動作:警戒、警報連続動作における異常な発熱、破損が発生しないこと

      安全性試験:

      短絡試験:結線間違いによる火災などの防止

      音圧試験:

      音圧基準:100dB以上

      電波試験:

      電波法:電波法に準拠していることの確認試験、証明


    期限までに保安基準に適合しないとどうなるの?

      車検に通らない可能性や整備不良と判断される場合があります。

      新たな技術基準に適合するにはどうしたらいいの?

        保安基準適合の製品取付に加え、アップグレード製品を追加することで適合します。すべてのドア検知に加え、エンジンボンネットおよびトランク(荷物室)の検知が可能になります。
        製品を購入された販売店・取付店にご相談ください。もしくは、お近くのVIPERプレミアムディーラーにお問い合わせください。

        保安基準に適合しているカーセキュリティ製品の見分け方は?

          技術基準の適合試験に合格すると検査機関から保安基準適合証明書が発行されます。保安基準適合製品にはこの証明書の写しと全国自動車用品工業会「自主基準登録制度」に基づいた適合マークの付いた登録証が同梱されています。
          登録証明書