車内置き去り防止安全装置 FAQ

【質問集】

Q.

メインスイッチ付きの送迎バスに安全装置を取り付け予定です。取り付け上の注意点はありますか?

A.

乗車しない時は、バスの消費電流を抑えるためにメインスイッチをOFFにすると思います。そのため、安全装置の常時電源取得先をメインスイッチがOFFでも影響なく常時電源が得られる配線に接続する必要があります。メーカー、車種の常時電源取得先の参考リストはこちら

Q.

同じBS-700Sに付属されている動作確認LED(青)が違っています。製品仕様が異なるのですか?断線検知センサーのステイタスディスプレーも違うように思います。

A.

BS-700シリーズに付属されている動作確認LED(青)およびプログラムスイッチの組み合わせは3種類あります。いずれもガイドラインに適合しております。同梱説明書には種類ごとに合った設置、説明が記載されています。説明書をご参照の上、取り付けお願いします。

Q.

断線検知センサーの青色LEDがボタンを押しても消えません。ボタンを押した時だけ消えています。離すとまた点灯します。エンジンを始動せず、イグニッションONのキー位置であれば消灯する。

A.

車両により青色LEDがボタンを押しても消灯しない場合があります。いずれもガイドライン要件は満たしていますので青色LEDが消灯しなくても問題はありません。消灯しない原因として考えられること、対応は下記の通りです。
●断線検知センサーの黄色線の接続先である車両側のイグニッションONの電源がエンジン作動中に限りパルス信号になっており、安定した電源が得られない。車両によりイグニッションラインに電気信号を送っている車両があるようです。
●年式の古い車種の場合、イグニッションON電源からのノイズの影響を受ける可能性があります。オプションのノイズフィルター655N(別売)を追加することで改善する場合があります。
●イグニッションON電源の接続先をIG2からIG1に変更したらLEDが消灯するようになった(ハイエース200系)

Q.

車内センサーの超音波センサー509Uが何もないのに勝手に検知して車外アラームが鳴って困っています。

A.

超音波センサーが人の動き以外の何かを検知しています。3点の確認をお願いします。
1)超音波センサーの感度が高い。感度ボリュームを30%ほどに変更してください。後部座席まで超音波センサーを届かせたい場合は、マイク部をBピラーに設置したり、2個目の超音波センサーを追加するなどの施工をおこなってください。


2)すべての窓を閉めてください。窓が開いていると空間に風が入り検知した事例があります。


3)外気口を閉じてください。マイクロバスや中型バスなど外気口が大きいため設定が内気になっていない場合、風が外気口から車内に侵入し超音波センサーが検知した事例があります。

 

4)超音波センサーのマイク部の固定が弱い場合、トラックやヘリコプター等の通過時に振動により揺れ、センサーが検知した事例があります。ビスなどでしっかりと固定してください。

Q.

車外アラームの音色を教えてください。

A.

<1~6音色目>

<1音色目>

<2音色目>

<3音色目>

<4音色目>

<5音色目>

<6音色目>

Q.

車外アラームの音色の変更方法を教えてください。

A.

車外アラームのゴムキャップを外し、中のディップスイッチ1~6の設定で音色を変更することができます。

Q.

ブザー停止ボタンを押してもブザーが止まりません。(その2)

A.

ブザー停止用リモコンの本体への登録が外れた可能性があります。ブザー停止用リモコンの再登録が必要です。
詳しくはブザー停止用リモコン495V登録方法の説明書をこちらからダウンロードしてください。
リモコンの登録が外れる理由:リモコンは、BS-700シリーズ、350シリーズいずれも最大4個まで登録することができます。5個目を登録すると最初に登録した1個目のリモコンが押し出され、登録が外れます。リモコン登録にはBS-700Sのメインハーネスの緑線の接続が必要なため、お客様が間違えてリモコン登録を行ってしまうことは通常ありませんが、万一、設定などを行うため、お客様にお引き渡し後もメインハーネスの緑線が接続されている状態が続いていた場合は可能性があります。必ず設定やリモコン登録作業以外の時は、メインハーネスの緑線は絶縁処理してください。

Q.

ブザー停止ボタンを押してもブザーが止まりません。(その1)

A.

ブザー停止用リモコンからの電波がアンテナに届いていません。アンテナやブザー停止用リモコンの取り付け方法を確認してください。
●アンテナのロット部分を伸ばしてください。伸ばすことで受信感度が大幅に上がります。
●アンテナをAピラーの上部やBピラー上部に固定してください。
●ブザー停止用リモコンの貼り付け位置をプラスティックや樹脂部に固定してください。金属部分に貼り付けた場合は、電波の距離が減衰する場合があります。

【トラブル事例】
マイクロバスで走行後エンジンやダッシュボード付近から電波の受信を妨げるノイズ等が発生しブザー停止リモコンの電波が受信できないことがありました。対策としてダッシュボードに設置していたアンテナを、助手席のAピラーからBピラーへの樹脂部分に設置箇所を変更した結果、症状は改善されブザーが正常に止まるようになりました。

安全装置アンテナBS-547の説明書のダウンロードはこちら
トラブルシューティングをまとめた資料のダウンロードはこちら

Q.

車内ブザーのリズム音を変更したいご要望がありました。設定方法を教えてください。

A.

車内ブザー鳴動タイプの設定(メニュー2、項目番号5)をご参考ください。機能設定方法の説明書はこちら

Q.

送迎中にお子様を降車する際にエンジンを停止しています。車内ブザーが鳴らないようにできますか?

A.

できます。車内ブザー鳴動開始時間を3分、5分、10分と遅らせることが設定変更で可能です。例えばエンジン停止を5分に設定した場合は、エンジン停止してから5分経過すると車内ブザーが鳴り始めます。お子様の降車時間が5分以内であればブザーは鳴りません。車内ブザー鳴動開始遅延時間の設定(メニュー2、項目番号8)をご参照ください。【注意】車外アラームは車内ブザーよりも早く鳴ってはいけません。そのため、車内ブザー鳴動開始時間を5分に設定した場合は、車内センサー開始時間を10分に変更してください。車内センサー開始時間の設定(メニュー1、項目番号11)をご参照ください。

Q.

車内ブザー鳴動開始時間をエンジン停止(イグニッションOFF)後、3分にしたいご要望がありました。設定方法を教えてください。

A.

車内ブザー鳴動開始遅延時間の設定(メニュー2、項目番号8)をご参考ください。機能設定方法の説明書はこちら

Q.

送迎中にお子様を降車する際にエンジンを停止しています。車内ブザーが鳴らないようにできますか?

A.

できます。安全装置のメインハーネスの黄色線をイグニッションONではなく、アクセサリー(ACC)で取得します。運転手さんは、お子様を降車する際には、キーをアクセサリー(ACC)にしてください。エンジンを停止してキーポジションをアクセサリー(ACC)にすることで車内ブザーは鳴りません。【注意】BS-300S+、BS-500G+はご利用いただけません。必ずメインハーネスの黄色線はイグニッションON(セル始動時も電圧が12V維持)に接続してください。